放課後プチ援交ゲーム〜みんなでヤれば怖くない〜

放課後プチ援交ゲームはとってもリアリティのある大人漫画です。

 

舞台は放課後の空き教室でHな遊びが流行っているとある学校。

 

放課後の空き教室やトイレで先生に見つからないようにして、男子に胸やお尻を触らせてお金を貰うというものです。

 

最初はリーダー格だった女子が冗談半分で男子を誘ったのがきっかけでした。

 

仲の良かった数人の間で始まった遊びが段々と広まって最終的には女子16人。男子はほとんどの男子が参加していました。

 

放課後プチ援交ゲームはタイトルの通り、放課後にクラスメイトにお金をもらってエッチなことをするということ。

 

でもだんだんこの「放課後プチ援交ゲーム」もエスカレートしていくに連れてとっても興奮する展開になります!

 

放課後プチ援交ゲームの仕組み

放課後プチ援交ゲームのルールとして、女子は各々に『キスならいくら』、『見るだけならいくら』と好きに値段を決めることが出来て、大体1000円〜3000円くらいでやっているのですが、

 

そうなると女子の間でも競争が起きて人気のある子が値上げをすると、2番目の子に男子が集まったり、

 

自分に自信のない子は、ちょっと過激なプレイで男子の気を引こうとしたり・・・

 

そいういう駆け引きが面白くて皆「放課後プチ援交ゲーム」に夢中になっていきます。

 

放課後プチ援交ゲームの手順

放課後プチ援交ゲームの手順は、まず昼休みに男子が声をかけてきて放課後に2人で会う約束をします。

 

大体2〜3人組のペアになって空き教室の端やカーテンの後ろでお互いが見えないようにしながら放課後プチ援交ゲームをしたりします。

 

トイレの個室ですることもありますが、1対1の状況はなるべく避けるようにするなど、女子側への配慮も放課後プチ援交ゲームは徹底しています。

 

放課後プチ援交ゲームが流行った理由は『みんなでやれば恥ずかしくない』という思いもあったのかもしれませんね^^羨ましい・・・(笑)

 

放課後プチ援交ゲームは次第にエスカレートしていき・・・

放課後プチ援交ゲームは次第に放課後プチ援交ゲームの範囲を超えて行くようになります。

 

女子側も初めはいいお小遣い稼ぎになるし、少しエッチなことに興味があるということで皆始めるのですが、

 

初めは内容は軽めに「服の上から胸を触る=1000円」でスタート。

 

勝手に固くなった下半身をお尻に押し付けてきたりして、実際に終わった後の女子たちのパンツの中も大洪水。

 

当然慣れてくると「乳首を舐めたり、股間に擦り付けるだけ」など過激になっていく放課後プチ援交ゲーム。

 

プライベートで思う存分奥までハメたりと段々と放課後プチ援交ゲームを超える興奮する展開が待っているのです!